●小学校理科授業におけるプログラミングの効果的な活用・学習に関する公開研究授業

 キッズシティでは「家族でプログラミングを楽しもう!」をテーマとして、子どもプログラミング教育に関わるニュースをご紹介しています。

 CA Tech Kids、小金井市立前原小学校、東京学芸大学加藤直樹研究室、アーテックは、小学校の理科の授業におけるプログラミングの効果的な活用・学習に関する共同研究の一環として、第2回公開研究授業を10月20日に実施します。

今回の公開研究授業では、小学校6年生理科の「電気の性質とその利用」単元における電気を利用した新しい道具の発明に挑むとのことで、温度/赤外線/音などの各種センサ、モーター/ブザー/LEDライトなどの各種出力機器やコンピュータ基板「Studino」を使い、センサで取得した値に応じて電気の流れる量を制御し出力機器の動きを変化させるたり、「気温が一定以下になったら点滅してお知らせしてくれるライト」といったような実際の生活に役立つ道具を企画・発明することにも挑戦します。

【授業公開】13時30分~14時15分、
【研究協議会】14時30分~17時、

詳細な説明、参観のお申込みは、以下のURLから
http://peatix.com/event/306834