子ども向けプログラミング教育用 アンプラグド学習ツール紹介 「Beebot」

キッズシティでは、プログラミングをせずに「もの」を使いながらプログラミングの基礎を学ぶ「アンプラグド学習ツール」を紹介しています。

BeeBotは、楽しくプログラミングを学ぶことができる「ハチ(Bee)型ロボット」です。
ハチの背中には、「前進」「後退」「右向き」「左向き」「休む」「実行」「クリア」のボタンが付いています。
このボタンを押してハチに動作を指示することができます。押したボタンの順番の通りにハチが動きます。

このBeeBotを使った学習の様子を以下の動画でご覧ください。

youtube

 

BeeBot(ビーボット)を通して学ぶことができるポイントについては、

キッズシティプログラミングスクールのカリキュラム開発をご支援いただいてる「IDEAKIDS」(英語で学ぶプログラミングスクール運営・・・東京都江東区)のサイトに詳しく記載されていますので、そちらをご覧ください。

「IDEAKIDS」のサイトより、「ブログ」⇒「Beebot(ビーボット)ではじめる学びの改革!子供の輝く未来に繋がるプログラミングの第一歩!」をご覧ください。

https://www.bee-bot.us/