キッズシティは、未来を担う子ども達が、プログラミング教育を通じて、個性を活かして創造力や論理的思考力を育むことを応援します! 共育ワンダーランド「キッズシティ」

「キッズシティ」のこれまで

「キッズシティ」に関わるこれまでの活動について、主催者(株式会社インフォネクスト)代表の個人的な活動も含めて、ご説明します。

1972年
当時高校生の松永敏明が、高校の数学教師からプログラミング言語「Fortran」の存在を教えられ、興味を持ちました。教師の紹介により東京都港区の機械振興会館で、大型コンピュータを使ってプログラムを実行する機会を得、自分の作成したプログラムが解答を導き出す様を見て大いに感動しました。

1973年~
大学入学と同時にコンピュータクラブに入部。学業とともに「プログラミング」を楽しむ学生生活を送る。

1977年~
高校時代の「プログラミング」との出会いがきっかけになり、金融系システム開発会社へ入社。大手金融機関の融資・証券・経理・信託・投資顧問業務他、各種システム開発プロジェクトを、プログラマー/SE/プロジェクトリーダーとして担当しました。

1991年
アメリカカリフォルニア州サンノゼにて長期研修に参加。シリコンバレーのITエンジニアのライフ&ワークスタイルに触れ、日本のエンジニアの環境、処遇との差に愕然となりました。

1994年~
松永敏明が自分自身のPCスキルの向上と、当時小学生だった自分自身の子どもの学習用に算数学習ソフト「けいさん名人」を開発。
子ども達に好評だったため、当時のパソコン通信(Nifty-serve,PC-VAN)を活用してダウンロード販売。家庭に入り始めたPCを家族の為に使おうという、多くのお父さんやお母さんに購入していただいたり、また、自治体の予算や先生のポケットマネーで購入していただき小学校や特別養護学校にも活用していただきました。
日経PC、アスキーなど、多数の雑誌にも掲載され、累計で5千人以上の方に使っていただきました。

1995年
インターネットが徐々に普及し始めた為、子どものPC活用に関する情報発信および、けいさん名人を始めとした学習ソフトダウンロードサイト「キッズシティ」を、個人で開始しました。

2004年
子ども向け学習ソフト開発および学習ソフト流通事業での起業準備の為、東京都港区のMINATOインキュベーションセンターに入居し、準備を本格化しました。この事業が、独立行政法人中小企業基盤整備機構の中小企業・ベンチャー挑戦支援事業に採択されました。

2005年
事業化の為、株式会社インフォネクストを設立。「インフォネクスト」と「キッズシティ」の商標登録を受けました。

2006年
子ども向け学習ソフトウェア流通サイト「キッズシティソフトウェアマーケット」運用開始。算数学習ソフト「けいさん名人」リニューアル版販売開始。

2011年
「kidscity 子どもと楽しむiPad」サイト開始。

2017年
子ども向けプログラミング教育事業 経済産業省「ものづくり・サービス・商業補助金」採択。同事業が、東京都経営革新計画の承認を受けました。

2018年
子ども向けプログラミング教育事業として「キッズシティ・ティーチャーズカレッジ」「キッズシティプログラミングスクール」開始予定。

主催者(株式会社インフォネクスト)代表取締役 松永敏明のプロフィール・経歴はこちら

PAGETOP