●プログラミングで統計データを活用してみよう
 ―夏休みイベント「キッズ統計プログラミング」の開催―

 キッズシティでは「家族でプログラミングを楽しもう!」をテーマとして、子どもプログラミング教育に関わるニュースをご紹介しています。

-- PR --

 総務省統計局は、夏休みに「統計」を身近に感じていただけるよう、小学生を対象に夏休みイベント「キッズ統計プログラミング」を開催します。
 統計の作成や利活用において重要なツールであるプログラミングを通じて、統計データを活用してみませんか。

-- PR --

日時 平成29年7月26日(水)13:30~16:30
場所 総務省統計局(総務省第2庁舎:東京都新宿区若松町19番1号)
対象 小学校5~6年生(定員20名)
応募方法 別添資料を御覧の上、7月14日(金)17時までにお申込みください。
開催内容 円の大きさの異なる4種類のコマを使った実験から得られたデータを、プログラミングソフト「Scratch」を使用し、集計及びグラフ化するプログラミングを実施。
グラフから分かることを読み取り、円の大きさによってどのような違いがあるのかを考えることを通じて、重心等の物理学やデータの活用について学ぶ。

(講師:株式会社ヴィリング)(別添)

「キッズ統計プログラミング」の参加申込みについて PDF
  
http://www.soumu.go.jp
/main_content/000495226.pdf

昨年度の様子はこちらから御覧になることができます。
  http://www.stat.go.jp
/naruhodo/c2kodomo.htm