子ども向けプログラミング教育用 プログラミング学習ツール紹介「Scratch」

   キッズシティでは、マウスやキーボードを使ってプログラミングを体験できる「プログラミング学習ツール」を紹介しています。「プログラミング学習ツール」を紹介しています。

概要 多くの子ども向けプログラミング学習ツールの中で広く使われている、MITメディアラボ開発のプログラミング教育用のビジュアルプログラミング言語です。
特徴 プログラムコードをキーボード入力する必要はなく、予め用意されたブロックをマウス操作で並べていくだけで、プログラムを作成できます。視覚的に操作できる為、キーボードの操作に慣れていない小学校低学年の子どもでも簡単にプログラミングができるようになります。プログラミングの基本的な考え方の学習に適しています。

Webブラウザーでサイトへアクセスするだけですぐに利用できるWebアプリケーション版と、プログラムをダウンロードし、インストールして実行するオフライン版の2種類があります。予め、可愛いキャラクターなどがライブラリとして用意されているので、それらを使って遊び感覚で視覚的にプログラミングができます。

また、他のソフトで作成した画像ファイルや写真なども取り込むこともできますので、子ども達がカメラで撮った写真を背景にしたり、自分自身を主役にしたゲームを作ることもできるのも楽しいですね。

解説などの一部は英語ですが、エディタは多言語対応がされていて、もちろん日本語(「漢字かなまじり」と「ひらがな」の2種類)で使えます。

画面例

プログラミング学習ツールscratch画面例

プログラミング学習ツールscratch画面例

動作環境

Webブラウザと アプリケーションの2種類の環境があります。

作品の
公開
自分の作品を公開できます。また、公開されている他の人の作品のスクリプト(プログラミング内容)を見たり、コピーして作り直したりすることでできます。
学習用の
コンテンツ
ヘルプが充実しています。チュートリアル動画により、使い方が良く理解できます。
URL https://scratch.mit.edu/