子どもプログラミングコンテスト

子どもプログラミングコンテスト情報:「プログラミングゼミ キッズクリエイター コンテスト YOKOHAMA」

子どもプログラミングコンテスト情報:「プログラミングゼミ キッズクリエイター コンテスト YOKOHAMA」

DeNAと横浜市教育委員会が、DeNA提供のプログミング学習アプリ「プログラミングゼミ」を使った横浜市在住・在学の小学生対象とした「キッズクリエイターコンテスト」を開催します。

「プログラミングゼミ」は、ブロックをつないでキャラクターを動かして遊ぶアプリ。自分で描いた絵で新しいアニメーションを作ったり、宝あつめをしたりするゲームで、遊びながらプログラミングが学べます。

コンテストで募集するのは、横浜をイメージしたアニメーションやゲームなどのオリジナル作品。

みんなが暮らすヨコハマはどんな風に見えている?
未来のヨコハマは、いったいどんな街になっているだろう?
ブロックを組み立てるようにプログラミングを組んで、みんなが想像するヨコハマをプログラミングで動かしてみよう!

主催者:株式会社ディー・エヌ・エー、横浜市教育委員会

イベント名:「プログラミングゼミ キッズクリエイター コンテスト YOKOHAMA」

募集期間: 2019年11月1日(金)12:00:00 ~ 2020年1月7日(火)23: 59: 59

結果発表: 2020年2月29日(土)予定

応募作品:株式会社ディー・エヌ・エーが運営するサービス「プログラミングゼミ」で制作した横浜をイメージしたオリジナル作品
 ※ゲーム・アニメーションなど内容は問いません。
 ※応募者ご本人が制作した作品に限ります。
 ※応募作品に使用できる素材は、応募者ご本人が制作したオリジナルの素材に限ります。
 ※ご応募できる作品は、プログラミングゼミ1ユーザあたり1作品とします。

応募部門:
 ・低学年個人部門:小学校1年生から小学校3年生までが対象です。
 ・高学年個人部門:小学校4年生から小学校6年生までが対象です。
 ・団体部門:同一小学校に通う2名以上の小学生で構成される団体とします。
       団体部門に応募する場合は、学校経由での申込みが必須となります。

応募方法:
「プログラミングゼミ」を使用して作品を作り、「プログラミングゼミ」内のページから応募に進んでください。

詳細は「プログラミングゼミ キッズクリエイター コンテスト YOKOHAMA」のサイトをご覧ください。

 キッズシティでは「家族でプログラミングを楽しもう!」をテーマとして、「子どもプログラミング」に関わるニュースをご紹介しています。

【子どもプログラミングコンテスト紹介】:「子どもプログラミング」と「プログラミングおもちゃ」の「キッズシティ」