子ども向けプログラミング教育用 プログラミング学習ツール紹介「レゴWeDo 2.0」

   キッズシティでは、マウスやキーボードを使ってプログラミングを体験できる「プログラミング学習ツール」を紹介しています。「プログラミング学習ツール」を紹介しています。

概要 レゴWeDo 2.0は、レゴブロックを使って組み立てた手作りおもちゃを、PCやタブレット上のビジュアルプログラミングツール(Scratch Jrのようにドラッグ&ドロップで簡単に操作できるソフトウェア)の命令で動かす、ハードウェアとソフトウェアを組み合わせたプログラミング学習ツールです。
特徴 1)手を使って組み立てる
レゴブロックを使っていろいろな種類の乗り物等を作成することができます。多くの組み立て例が教材やWEBサイトで紹介されています。
組み立て例はこちら(USサイト)
自分でオリジナルの乗り物などを制作することもできます。

2)プログラムする
ドラッグ&ドロップ式のシンプルなソフトウェアで、作った乗り物などに動作指示を出します。プログラムはBluetoothによる通信により実行転送、実行されます。

自分でオリジナルの乗り物などを制作することもできます。

3)学習する
この体験を通じて、子どもたちのプログラミング的思考力を育て、現実の世界で活用できる問題解決力へとつなげていきます。

動作環境

Bluetooth Low EnergyをサポートしているMac / Windows、iPad、アンドロイドタブレット

製品紹介 公式サイトには沢山の紹介動画が掲載されています。
公式サイトURL http://www.legoedu.jp/wedo2/

紹介ビデオ(Youtube)