プログラミングおもちゃ

子どもプログラミングおもちゃ:「Sphero」

子どもプログラミングおもちゃ:「Sphero」

Spheroは、内蔵ジャイロスコープ、加速度センサー、LEDライトを内蔵した、いろいろな遊び方ができるボール型のロボットです。

スマホ、タブレット、ノートPCなどから指示を出して、ロボットを動かし、また、様々な光、色を表現することができます。本体は、非常に強い耐衝撃性を持ち、壁に当たっても壊れにくくなっています。

遊び方は沢山ありますが、大きくは以下の通りです。(Spheroの種類によって遊べる機能が異なります。また、これ以外にもいろいろと楽しめます。)
スマホやタブレットをコントローラーとしてSpheroを動かす。ジョイスティックを使ったり、傾きセンサーを使ったり、いろいろと遊べます。
Spheroをコントローラーとして、専用のアプリで遊ぶ。
「DRAW(ドロー)」によるプログラミング。画面に描いた線の通りにロボットを動かすことができます。自分で描いた軌跡をロボットが何度も繰り返し再現して動かすことができます。
「BLOCKS(ブロック)」によるビジュアルプログラミング。ブロックは、ロボットの「動作」、「コントロール」などに分類され、ロボット内のセンサー情報を読み出したり、それを利用して処理を分岐させるなど、楽しみながらわかりやすくロボットを動かすことができます。
「TEXT(テキスト)」コーディングによるプログラミング。JavaScript(プログラミング言語)を利用して、キーボードからコマンドをタイプしてプログラムを作成します。ブロックのモードのプログラムをJavaScriptへの変換する機能もあるため、ブロックプログラミングから作成されたプログラムを確認することができます。


子どもの年齢や習熟度に応じて、「ドロー」、「ブロック」、「テキスト」の3つの方法でロボットのプログラムができるのが特徴です。

家庭用入門編として手軽な「Sphero Mini」、STEM教育の学習に多く使われている「Sphero SPRK+」、高機能最新型の「Sphero Bolt」が発売されています。

それぞれの特徴は以下の通りです。アプリによるプログラミングはどの種類でも楽しめます。

Sphero SPRK+

学校教育の場で、多くの実績があります。耐水性のあるポリカーボネート素材のシェルを用いたアプリ制御ロボティックボール。ケーブルが不要な誘導充電方式です。最高最大60分使用可能。


Sphero Mini
小さいボールの中にたくさんの楽しみが詰まっているみんなで遊べる家庭用ロボティックボール。ご家庭で最初に楽しむのにはこれが最適です。
アプリのジョイスティックやフェイスドライブ(顔の表情でボールを操縦)でボールを操縦するなど、とても楽しい機能が満載です。
Sphero Miniをビデオゲームコントローラーとしても遊べます。Bluetooth接続(10m範囲)、USB充電(フル充電1時間で45分の稼働時間)

Sphero BOLT(ボルト)
本格的な学校導入に向けて開発されたロボティックボール。赤外線通信で複数のBOLTを連携させて遊ぶゲームやプログラミングができます。
バッテリーは誘導充電によるフル充電で2時間稼働します。防水、強化プラスティックシェル。コンパス機能搭載(方角認知によりコントロール性向上)。
以下の3つの新機能が搭載されています。
・8×8 LEDドットスクリーン:SpheroEduアプリで絵を描いてSpheroに表示
・光センサー:明るさを感じ取ることができる為、明るさの程度により動きを変えるプログラムを作ることができます。
・赤外線通信:複数のBOLT間で通信しメッセージをやりとりできる為、追いかけっこをするプログラムなどを組むことができます。

公式サイト(教育機関向け)

公式サイト(ご家庭向け)

公式サイト(ご家庭向け、アプリ紹介など))

Sphero公式サイトのプロモーションビデオ

Meet Sphero Mini

Sphero Mini – Apple Exclusive

This is Sphero BOLT(最新版のBOLTの紹介PV)

光る!転がる!「スフィロ スパーク」で簡単プログラミング体験(アスキー)

Sphero Mini Robotic Ball Review

キッズシティでは、遊びの主体として「もの(おもちゃ)」を使いながらプログラミングの基礎を体験、学ぶことができる「プログラミングおもちゃ」を紹介しています。

「プログラミングおもちゃ」とは

【プログラミングおもちゃ紹介】:「子どもプログラミング」と「プログラミングおもちゃ」の「キッズシティ」