子どもプログラミングツール

子どもプログラミングツール:「Scratch Jr(スクラッチジュニア)」

子どもプログラミングツール:「Scratch Jr(スクラッチジュニア)」

「Scratch Jr」概要 ScrathJrは、子ども達(5歳~7歳)が自分自身で対話型の物語やゲームを作成することができる、MITメディアラボが作った入門用のプログラミングアプリです。
特徴 図形ブロックを組み合わせてキャラクターを作成したり、自分で描き、それらにプログラミングブロックを使って動作指示を与えて動かしたり、ジャンプさせたり、歌わせたりできます。

世界中で多くの子ども達に使われているプログラミング言語であるスクラッチを参考に、低年齢の子どもに合ったインターフェイス、デザインに工夫されています。

動作環境

iPad版とアンドロイドタブレット版があります。

学習用のコンテンツ サンプルが充実しています。
公式サイトURL http://www.scratchjr.org/

紹介ビデオ(Youtube)
Introduction to Scratch Jr(英語)

5歳から始めるスクラッチジュニア:ステップ1(株式会社タイムレスエデュケーション様)

キッズシティでは、PC、タブレットやスマホを使って、「子どもプログラミング」から本格的プログラミングまでを体験、学習できる「子どもプログラミングツール」を紹介しています。

「子どもプログラミングツール」とは

【子どもプログラミングツール】:「子どもプログラミング」と「プログラミングおもちゃ」の「キッズシティ」